TOPページ > 腹膜がん(腹膜播種)…【SiteMap】

腹膜がん(腹膜播種)…【SiteMap】

ミネラル『クロム(Cr)』

■クロム(Cr)について

クロム(Cr)は、血液中の中性脂肪(コレステロール)の代謝や、
体内でインスリンと共に共同作用で血液中のブドウ糖を取り込むなどに必要なミネラルと言われています。

「ミネラル『クロム(Cr)』」の続きはこちら 

水溶性ビタミン

脂溶性ビタミンを一通りお伝えしましたので、
次にもう一種類のビタミン、『水溶性ビタミン』について調べながらお伝えして行こうと思います。

「水溶性ビタミン」の続きはこちら 

【14・完】身体の免疫力を高める事の大切さ 《4》

私なりの代替療法を活用して数ヶ月が過ぎました。

相変わらず入退院を繰り返す中、CT検査を受けることになりました。



『これで、今現在の私のがん(細胞)がどんな状態なのかわかる・・・。』



CT検査の結果は妻と共に聞くことにしました。

「【14・完】身体の免疫力を高める事の大切さ 《4》」の続きはこちら 

【13】身体の免疫力を高める事の大切さ 《3》

肝臓移植を断って戻る病院は無くなり、我が家で必死の思いで代替療法を始めて1ヶ月、
私の体調は良くも無く、悪くも無いと言う一進一退が続いていましたが
私の感じ(感覚)では、少しですが良くなっている方向に向かっているようにも感じていました。


それはこんな出来事から感じました。

私はバルーン手術をお願いして、病院で検査を受ける事になっていた時でした。

「【13】身体の免疫力を高める事の大切さ 《3》」の続きはこちら 

【12】身体の免疫力を高める事の大切さ 《2》

私の末期がん(肝臓がん)は、C型肝炎から肝硬変へと進行、
そして肝臓がんを発症と言う流れでした。


そして、私の肝臓がんは多発性進行がんで、肝臓(右葉)に10円玉大の腫瘍が3つ、
上部に5センチ以上の腫瘍が1つと言うCT検査の結果でした。

そもそもの始まりは、2004年1月27日、体調異変(黄疸)から病院で受けた血液検査結果は
肝機能(GOT・GPT)の数値は3ケタと高く、
腫瘍マーカー(AFP)は10以下が正常値に対して、4ケタ【6,180】で、
その他の肝機能の数値も異常な高数値でした。

「【12】身体の免疫力を高める事の大切さ 《2》」の続きはこちら 

【11】身体の免疫力を高める事の大切さ 《1》

身体の免疫力を高める事の大切さについて、私の経験(体験)の話しをしたいと思います。

「【11】身体の免疫力を高める事の大切さ 《1》」の続きはこちら 

【10】病院の治療と体の免疫力

大阪に行った数日後、私に大腸がんを患う方に会って欲しいと頼まれた方と連絡が取れました。

そして大腸がんを患うご本人から私に連絡がありました。

「【10】病院の治療と体の免疫力」の続きはこちら 

【9】がん性腹膜炎を治療する病院の院長先生とお会いする 《3》

がん性腹膜炎、腹膜がん(腹膜播種)と病名は違いますが、共に腹膜転移と言う事になります。

癌の進行から腹膜に転移するがんは、胃がん、大腸がん、卵巣がんなどが多いようです。

そして、がん性腹膜炎が進行すると、腸閉塞や閉塞からの黄疸、または腹水の症状などが考えられるようです。


がん性腹膜炎か否かは、PET-CT検査等を受ければ判るようですが、
仮にがん性腹膜炎と分かっても、
多くの医師は『がん性腹膜炎は制御(治療)が出来ない』と思い込んでいるそうで、
患者さんよりも医師の方が先に諦めてしまっているのが現実のようです。

「【9】がん性腹膜炎を治療する病院の院長先生とお会いする 《3》」の続きはこちら 

【8】がん性腹膜炎を治療する病院の院長先生とお会いする 《2》

私は電車に乗り込み、そして新幹線が発着する駅で店長さんと待ち合わせました。


新幹線に乗り東京駅へ、その後山陽新幹線に乗り換え、あとは新大阪まで一気です。

「【8】がん性腹膜炎を治療する病院の院長先生とお会いする 《2》」の続きはこちら 

【7】がん性腹膜炎を治療する病院の院長先生とお会いする 《1》

私はようやく腹膜がん、がん性腹膜炎を治療する病院を見つける事が出来ました。

その週末、私は以前から約束をしていた健康食品のお店(闘病中お世話になったお店です)に行く事になりました。

「【7】がん性腹膜炎を治療する病院の院長先生とお会いする 《1》」の続きはこちら 

【6】腹膜がん(腹膜播種)の治療は?病院は? 2

私は腹膜がん(腹膜播種)を治療する病院はあるのか?について調べました。

そして、《臨床試験中》と言うレポート文ではありましたが
治療を行う病院の情報を知り得る事が出来ました。


この情報をこの前お会いした、大腸がんを患っている方にお伝えしたいと 思いましたが、《臨床試験中》であると言う事を考えて躊躇していました。

「【6】腹膜がん(腹膜播種)の治療は?病院は? 2」の続きはこちら 

【5】腹膜がん(腹膜播種)の治療は?病院は?

『腹膜がん(腹膜播種)の治療法は?病院は?』と私なりに調べてみました。


最初に目にしたのは、腹膜播種の治療に関する癌サポート情報で
『今大きく変わろうとしている腹膜播種の治療』と言うような取材文でした。

「【5】腹膜がん(腹膜播種)の治療は?病院は?」の続きはこちら 

【4】腹膜がん(腹膜播種)への進行について

今度は、腹膜がん(腹膜播種)への進行についてお伝えしたいと思います。

「【4】腹膜がん(腹膜播種)への進行について」の続きはこちら 

【3】腹膜とは?、そして腹膜がんとは?

私は、『《腹膜がん》、《腹膜播種》と言う病状は何で起こるのか?
そして治療法は無いのか???』と疑問に感じ、これらの『?・ハテナ』について私なりに調べてみようと思いました。

「【3】腹膜とは?、そして腹膜がんとは?」の続きはこちら 

【2】『腹膜がん』と『腹膜播種』

私はその方と別れた後、家に帰るため車を運転中、こんな事を考えていました。




『腹膜がんと腹膜播種は同じ病なのだろうか?』と。。。




「【2】『腹膜がん』と『腹膜播種』」の続きはこちら