TOPページ > 私が実践した…【SiteMap】

私が実践した…【SiteMap】

『私が実践してきた食事(療法)』の最後に・・・

以上が、『私が実践してきた食事(療法)』として私なりに調べたり経験してきた事です。

毎日の食事について五大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル)のバランスが 大切なことを理解して頂けたでしょうか?

「『私が実践してきた食事(療法)』の最後に・・・」の続きはこちら 

ミネラル『セレニウム(セレン)(Se)』

■セレニウム(セレン)(Se)

セレニウム(Se)は、セレンとも呼ばれ、抗酸化作用が強いミネラルと言われています。

免疫機能を強化することから、ガン抑制効果があるとの報告もあるようです。

またセレニウム(Se)は、抗酸化作用があるビタミンEと一緒に摂取する事で、 身体に悪影響を及ぼす過酸化脂質を分解する働きが高まると言われています。


「ミネラル『セレニウム(セレン)(Se)』」の続きはこちら 

ミネラル『モリブデン(Mo)』

■モリブデン(Mo)について

モリブデン(Mo)は、鉄を利用して貧血を予防するミネラルと言われています。

肝臓に多く存在すると言われ、様々な酵素の成分となり、
尿素、糖質、脂質の代謝を担う働きがあるようです。


「ミネラル『モリブデン(Mo)』」の続きはこちら 

ミネラル『マンガン(Mn)』

■マンガン(Mn)について

マンガン(Mn)は、体内にある多くの酵素の構成成分として、
抗酸化、糖質、脂質、タンパク質の代謝に関わっている事から
『代謝のミネラル』と言われています

またマンガン(Mn)は、骨の石灰化を促す働きがあり、カルシウム・リンと共に骨の形成に関わると言われています。

「ミネラル『マンガン(Mn)』」の続きはこちら 

ミネラル『亜鉛(Zu)』

■亜鉛(Zu)について

亜鉛(Zu)は、体内で代謝に必要な酵素を作ったり維持するのに 重要な役割を担っているミネラルで、主に免疫に関わったり、 細胞(分裂)の生まれ変わる時に欠かせないと言われます。

特に亜鉛(Zu)は、舌の機能(味を感じる)味蕾(みらい)と言われるところに欠かせないそうです。

「ミネラル『亜鉛(Zu)』」の続きはこちら 

ミネラル『銅(Cu)』

■銅(Cu)について

銅(Cu)は、鉄の働きを助けるミネラルと言われ、
腸管から鉄の吸収を助け、骨髄でヘモグロビンを作るとき、
鉄の利用を良くする働きがあるようです。

「ミネラル『銅(Cu)』」の続きはこちら 

ミネラル『ヨウ素(I)』

■ヨウ素(I)について

ヨウ素(I)は甲状腺ホルモンの構成成分と言われています。

ヨウ素(I)によって甲状腺ホルモンが分泌されることで
タンパク質のエネルギー源として代謝や合成を支えるのに欠かせないミネラルと言われています。

「ミネラル『ヨウ素(I)』」の続きはこちら 

ミネラル『鉄(Fe)』

■鉄(Fe)について

体内にある鉄(Fe)の約70%は、赤血球中に存在していると言われています。

それらの鉄(Fe)は、赤血球(ヘモグロビン)やミオグロビンとして
全身の各組織に酸素を届ける働きを担っていると言われます。

そして残りの約30%の鉄(Fe)は『貯蔵鉄』と呼ばれ、
骨髄、脾臓、筋肉などに貯蔵され、不足した時に使用されるようです。

鉄には動物性食品に含まれる『ヘム鉄』と植物性食品に含まれる『非ヘム鉄』があると言われ、 動物性と植物性の食品を一緒に調理して鉄(Fe)を摂取する事が理想的のようです。

「ミネラル『鉄(Fe)』」の続きはこちら 

ミネラル『マグネシウム(Mg)』

■マグネシウム(Mg)について

マグネシウム(Mg)は、骨や歯の構成に必要なミネラルと言われます。

体内に存在する酵素の働きを活性化させ、
心臓・筋肉の働きを正常に保ったり、精神の安定などの役割を担っているようです。

「ミネラル『マグネシウム(Mg)』」の続きはこちら 

ミネラル『ナトリウム(Na)』

■ナトリウム(Na)について

ナトリウム(Na)は、生命維持に不可欠なミネラルで
細胞外液に多く存在すると言われています。

ナトリウム(Na)は細胞外液、カリウム(K)は細胞内液に存在し
共に浸透圧の調整や神経機能などを正常に保つ役割を担っていると言われます。

ミネラルの多くは不足しやすいのに対して、
ナトリウム(Na)は摂取量が多いミネラルと言われています。

「ミネラル『ナトリウム(Na)』」の続きはこちら 

ミネラル『カリウム(K)』

■カリウム(K)について

カリウム(K)は、細胞の内液に多く存在し、細胞外液に存在するナトリウム(Na)と
バランスを保ちながら細胞を動かしている栄養素と言われています。

カリウム(K)とナトリウム(Na)の相互作用で、
脳の情報伝達や心臓の伸縮運動などが行われていると言われています。

また、血液調整にも関わっているようです。


「ミネラル『カリウム(K)』」の続きはこちら 

ミネラル『リン(P)』

■リン(P)について

リン(P)は、カルシウムと結合して骨や歯などの硬組織を作る栄養素と言われ、
カルシウム同様に『骨のミネラル』と言われています。

またリン(P)は、体内で『リン酸』と言う形で存在していると言われ
血液中では『リン酸塩』と言う形で酸やアルカリを中和する働きを担っています。

「ミネラル『リン(P)』」の続きはこちら 

ミネラル『カルシウム(Ca)』

■カルシウム(Ca)について

カルシウム(Ca)は、多くの方がご存知のように
主に骨や歯を構成する栄養素です。

カルシウム(Ca)は、体重の『約1%』の量で存在していると言われています。

1%のカルシウムの中の99%は骨や歯の構成となっていて
残りの1%は血液・筋肉・神経などの組織に存在すると言われ、
血液凝固や脳の活動、心臓や筋肉の収縮作用に関わっていて、身体にとってとても重要な役割を担っていると言われています。

またカルシウム(Ca)は、ビタミンDの栄養素と一緒に摂ることで
吸収率が良くなると言われています。

「ミネラル『カルシウム(Ca)』」の続きはこちら 

ミネラル(無機質)について

ミネラルは、ビタミン同様に三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)を
身体の栄養源として作ったり、
身体の機能に必要な栄養素の代謝(合成)などの働きを助ける重要な役割を担う栄養素と言われています。

「ミネラル(無機質)について」の続きはこちら 

水溶性ビタミン『ビタミンC』

■ビタミンCについて

ビタミンCは、タンパク質の一種と言われるコラーゲンの生成に働きをかけます。

コラーゲンの役割は細胞と細胞をつなぐことから、
血管や筋肉、皮膚などを丈夫にする栄養素と追われます。

またビタミンCは、鉄(ミネラル)の吸収を助けたり、免疫機能を正常に保ったり、
体内でのタンパク質、脂質の酸化を防ぐ抗酸化作用が高い事で有名なビタミンでもあります。

日焼けによるシミや癌の予防にも効果的と言われていますね。

「水溶性ビタミン『ビタミンC』」の続きはこちら 

水溶性ビタミン『ビタミンB12』

■ビタミンB12について

ビタミンB12は、タンパク質の代謝に働きをかけるほか、
葉酸(ビタミンB9)の栄養素同様、悪性貧血(巨赤芽球性貧血)予防に有効な栄養素と言われています。

悪性貧血は、鉄分(ミネラル)の不足から起きる貧血ではないようです。

「水溶性ビタミン『ビタミンB12』」の続きはこちら 

水溶性ビタミン『葉酸(ビタミンB9)』

■葉酸(ビタミンB9)について

葉酸と呼ばれるビタミンB9は、
タンパク質の構成成分の合成(アミノ酸)に欠かせない重要な栄養素と言われています。

また葉酸(ビタミンB9)は、ビタミンB12と共に、
造血作用から悪性貧血を防ぐようです。

特に妊娠期には、葉酸(ビタミンB9)を多く摂る必要があるとも言われています。

「水溶性ビタミン『葉酸(ビタミンB9)』」の続きはこちら 

水溶性ビタミン『ビオチン(ビタミンB7)』

■ビオチン(ビタミンB7)について

ビオチンとも呼ばれるビタミンB7は、
タンパク質や脂質、糖質の代謝を働きかけ、エネルギー源に変わる栄養素と言われています。

またビオチン(ビタミンB7)は、健康な髪と皮膚のためのビタミンとも言われています。

そして、体内でアミノ酸からブドウ糖を作るのにも必要な栄養素です。

「水溶性ビタミン『ビオチン(ビタミンB7)』」の続きはこちら 

水溶性ビタミン『ビタミンB6』

■ビタミンB6について

ビタミンB6は、タンパク質・脂質の代謝に必要な栄養素と言われています。

特にタンパク質を多く摂る人は、ビタミンB6の必要量を増す必要があると言われています。

またビタミンB6は、皮膚・髪の毛・歯などを健康に成長させます。

免疫機能を維持するのにも欠かせないと言われます。

「水溶性ビタミン『ビタミンB6』」の続きはこちら 

水溶性ビタミン『パントテン酸(ビタミンB5)』

■パントテン酸(ビタミンB5)について

パントテン酸とも呼ばれるビタミンB5は、
タンパク質や脂質、糖質をエネルギー源に変える働きや、
ストレスへの抵抗力をつけるのに欠かせない栄養素と言われています。

身体の免疫力の維持にも重要な栄養素です。

「水溶性ビタミン『パントテン酸(ビタミンB5)』」の続きはこちら 

水溶性ビタミン『ナイアシン(ビタミンB3)』

■ナイアシン(ビタミンB3)について

ナイアシンとも呼ばれるビタミンB3は、
タンパク質、脂質、糖質などのエネルギー源の代謝に欠かせないと言われています。

またナイアシン(ビタミンB3)は、皮膚を健康に保ったり、脳神経の働きを助けたり、 血流(血行)を良くする働きから、冷え症や頭痛を改善する働きがあるようです。

更には、アルコールの飲み過ぎによる二日酔いの原因となるアルデヒドの分解にも 欠かせないようです。

「水溶性ビタミン『ナイアシン(ビタミンB3)』」の続きはこちら 

水溶性ビタミン『ビタミンB2』

■ビタミンB2について

ビタミンB2は、タンパク質、脂質、炭水化物(糖質)の三大栄養素を
エネルギーに変える(代謝)時に必要なビタミンと言われています。

特に脂質を多く摂る人は、脂質の代謝にビタミンB2を必要としますので キチンと摂取するよう心掛けると良いと思います。

またビタミンB2は、目、皮膚、口の中の粘膜を正常に保つ働きがあり、 食欲にも関係があるようです。

「水溶性ビタミン『ビタミンB2』」の続きはこちら 

水溶性ビタミン『ビタミンB1』

■ビタミンB1について

ビタミンB1は、糖質が分解され、エネルギーになるときに必要とされます。

また、ビタミンB1は脳や神経機能を正常に保つ役割も担っているようです。

ちなみに、穀物や糖質、アルコールなどを多く摂る人は、ビタミンB1を多めに摂る必要があると言われています。

「水溶性ビタミン『ビタミンB1』」の続きはこちら 

脂溶性ビタミン『ビタミンK』

■ビタミンKについて

ビタミンKは、ケガなどで出血したときに血液が正常に凝固(固まる)するために必要と言われ、カルシウム(ミネラル)を骨に取り込むためにも必要なビタミンと言われています。

「脂溶性ビタミン『ビタミンK』」の続きはこちら 

脂溶性ビタミン『ビタミンE』

■ビタミンEについて

ビタミンEは、体内での酸化を防ぐ抗酸化作用が高いと言われ、
老化やがん予防など効果が期待されていると言われています。

またビタミンEは、体内で脂肪が酸化する悪玉コレステロール(LDL)を防ぐことで
動脈硬化の予防や血液の流れを良くしたり、ホルモンの生成などと関係すると言われています。

「脂溶性ビタミン『ビタミンE』」の続きはこちら 

脂溶性ビタミン『ビタミンD』

■ビタミンDについて

ビタミンDは、骨格へのカルシウム(ミネラル)の吸収、感染症に対する白血球細胞の活性などに関係すると言われています。

また、ビタミンDは食べ物から摂れますが、紫外線を浴びる事で、皮膚からも合成されるビタミンと言われています。

「脂溶性ビタミン『ビタミンD』」の続きはこちら 

脂溶性ビタミン『ビタミンA』

■ビタミンAについて

ビタミンAは、目・気管・皮膚など、粘膜の形成や機能に関係すると言われています。

また、白血球による抗体産生とT細胞の活性や鉄分の運搬と赤血球産生などのビタミンと言われています。

「脂溶性ビタミン『ビタミンA』」の続きはこちら 

ビタミンについて

ビタミンは、ミネラル・タンパク質・脂質・炭水化物と共に、五大栄養素の一つです。

「ビタミンについて」の続きはこちら 

食物繊維と糖質について(炭水化物の補足)

■水溶性食物繊維

エシャロット・ニンニク・ゆず(果皮)・キンカン・レモン(全果)・いんげん豆・ 豆みそ・梅干し・納豆・ごぼう・アボガド・あしたば・オクラ・ラッキョウ漬け・かんぴょう・ 切干し大根 など。



■不溶性食物繊維

いんげん豆・枝豆・大豆・小豆・おから・栗・グリーンピース・モロヘイヤ・ パセリ・こしあん・納豆・豆みそ・松茸・干しシイタケ・キクラゲ など。

「食物繊維と糖質について(炭水化物の補足)」の続きはこちら 

炭水化物

炭水化物は三大栄養素の一つで、糖質と食物繊維を合わせて炭水化物と言われています。

炭水化物は、身体の維持や身体を動かしたり、身体の成長に必要なエネルギー源になる栄養素と言われています。

「炭水化物」の続きはこちら 

脂質 2

脂質と言いますと、体内で蓄積する脂肪(中性脂肪)のコレステロール(悪玉)を 思い浮かべる方も多いと思いますが、『質』の良い脂質(不飽和脂肪酸)を適度に摂取する事が 大切のようです。

「脂質 2」の続きはこちら 

脂質 1

脂質は三大栄養素の一つで、身体のエネルギー減として高い(カロリー)栄養素と言われます。

「脂質 1」の続きはこちら 

タンパク質(アミノ酸)不足

毎日の食事でタンパク質(アミノ酸)の摂取の不足が続くと
足のむくみや腹水の症状が起きると言われます。


私もタンパク質(アミノ酸)不足の経験者としてうなずける思いがします。

「タンパク質(アミノ酸)不足」の続きはこちら 

三大栄養素

三大栄養素とは、『タンパク質』、『脂質』、『炭水化物』の事を指し、
主に身体を作ったり、動かしたりするためのエネルギー源となる栄養素です。

「三大栄養素」の続きはこちら 

身体に必要な栄養素

五大栄養素からなる《約46種類の栄養素》についての話しですが
ここからの話しは30年前の記憶をたどりながらになるので
正確にお伝え出来るかどうか、分かりませんので、『私の独り言』として聞いて頂けたらと思います。

「身体に必要な栄養素」の続きはこちら 

栄養のバランスについて

食べ物に含まれる栄養素はなんと、100種類以上あると言われています。

その中で体に必要な栄養素として主なのは
【タンパク質】【脂質】【炭水化物(糖質・繊維質)】【ビタミン】【ミネラル】の五大栄養素からなる、 約46種類の栄養素で、
それらの栄養素をバランス良く摂る事がとても大切だと言われています。

「栄養のバランスについて」の続きはこちら