TOPページ > 肝臓がん闘病記 …【SiteMap】 > 末期がん(肝臓がん)闘病記 11

末期がん(肝臓がん)闘病記 11

11:カテーテル手術を受ける

~この闘病記の内容は2004年(平成16年)3月頃の出来事です。~



3月18日、この日は肝臓がんの腫瘍に直接抗がん剤を注入し、
がんの治療を行うカテーテル手術の日だった。


この治療方法は、私が当時飲んでいた健康食品と、最先端のがん治療で有名な
K県の病院と同じ治療方法だった。

⇒主治医から手渡されたカテーテル手術の説明書


局所麻酔で行う手術だった。

局所麻酔なので、手術中、先生方の交わす言葉が全て聞こえて理解出来た。

手術中に自分自身に意識があるという事は、結構気持ちが良いものでは無かった。


でも、初めての経験ではあったが医療技術のスゴさだけは痛感した。

あんなに細いワイヤーみたいなものが血管を通じてモニターを見ながら
肝臓まで達してしまう・・・。ある意味感動モノだった。



カテーテル手術が終わってから2,3日は絶対安静でなくてはいけない。

私にとって、タバコも吸えない、動けないという事が何よりも苦痛だった。

手術後、両手に点滴をして、脇からは胆汁のチューブが出ている。

トイレにも行く事が出来ないため、尿のチューブも下がっていた。


この状態を健康な人が見たらどう思うだろうか。。。

ほとんど動く事が出来ないのだ。

言葉では言い表す事が出来ないくらいの苦痛だ。



そして考える事と言えばこれから先私は一体どうなってしまうのだろうかという事のみ。

肝臓がんを告知されてから、【がん=死】という事が頭の中を駆け巡っていた。

死の恐怖を感じながら不安な日々を送っていた。。。


『オレはこのままこの病院を出ることなく終わってしまうのだろうか。。。』

『いや、絶対にこのまま死にたくない。何としても生きなければ!』


おふくろや妻、そして子供達や孫の顔が浮かんだ。



楽しく過ごした日々ばかりが思い出される。

今までいろいろな事があったけれども、
この時ほど死を身近に感じた事は無かった。。。


私は死にたくない!生きたいんだ!!!


死に直面すると、もっと生きたいと思う気持ちがより強くなる。


そんな時、人は神にすがる思いで心から祈るのだろうか。。。

私はそう思いながら祈り続けていた。。。









次の末期がん(肝臓がん)闘病記に進む
⇒12:リザーバー【たいこ】




私は末期がんを家族の支えと自分自身の直感を信じ続け、乗り越えて来ました。
同じ境遇の方々に『生きる勇気と希望』を感じて頂けたら幸いに思います。
私の経験してきた闘病生活などのご質問やご感想等、何でも投げかけて下さい。
メールを頂ければ可能な限りご回答致します。

◆メールはこちらです。◆





《《携帯メールは設定確認を!》》
多くの方々からご感想メールを頂き、ありがとうございます。
とても嬉しく思っております。
メール頂いた全ての方に出来る限りお返事させて頂いているのですが、
戻って来てしまう事も多々あります。
特に、携帯メールから送って頂いた方に多いようです。
私はPCメールから返信してますので、今一度設定確認の程、お願い申し上げます。
設定方法は下記の検索で調べてみて下さい。

⇒pcメール 拒否 解除


数日お時間を頂く事もございますが、出来る限りお返事させて頂いております!

◆メールはこちらです。◆

関連する内容

末期がん(肝臓がん)闘病記 最終章

末期がん(肝臓がん)闘病記 最終章     ~命【いのち】の重み~ 私は今とても気に入っている曲があります。 小田和正

末期がん(肝臓がん)闘病記 235

235:セリを採る妻を見ながら思い出す     ~がん を克服し人生の再出発を誓う~ ~この闘病記の内容は2006年(平

末期がん(肝臓がん)闘病記 234

234:セリを採る妻を見ながら思い出す     ~そして健康食品に全てを賭ける~ ~この闘病記の内容は2006年(平成1

末期がん(肝臓がん)闘病記 233

233:セリを採る妻を見ながら思い出す     ~生体肝移植を考えた妻・・・~ ~この闘病記の内容は2006年(平成18

末期がん(肝臓がん)闘病記 232

232:セリを採る妻を見ながら思い出す     ~肝臓がん告知と心の葛藤~ ~この闘病記の内容は2006年(平成18年)

末期がん(肝臓がん)闘病記 231

231:セリを採る妻を見ながら思い出す     ~身体の異変、そして肝臓がんの告知~ ~この闘病記の内容は2006年(平

末期がん(肝臓がん)闘病記 230

230:ふと2年ぶりにセリ採りへ ~この闘病記の内容は2006年(平成18年)2月頃の出来事です。~ 長かった闘病生活だ