TOPページ >  > 孫達の夏休み 3  【2012年9月5日】

孫達の夏休み 3  【2012年9月5日】

こんにちは、笹野富美夫です。

今回も、孫達と過ごした夏休みの事についてお伝えしますね!



私と妻、そして孫達(4人)とドライブを兼ねて上野村にある鍾乳洞へ行く事になりました。

途中にある恐竜センターに立ち寄り昼食の後川遊びを楽しんだ孫達は
満足したかと思ったら・・・・この通り元気満々です。


末期がん闘病記:徒然日記(孫達の夏休み3-1)




私も妻も孫達にはついていけません。



そんなこんなで、午後2時になる頃ようやく目的地に到着です。

鍾乳洞へ行くには、このスカイブリッジを渡ります。


末期がん闘病記:徒然日記(孫達の夏休み3-2)

このスカイブリッジ・・・・噂では聞いていましたが想像以上の高さです。



末期がん闘病記:徒然日記(孫達の夏休み3-3)



ここからの眺めは本当に迫力があります。


末期がん闘病記:徒然日記(孫達の夏休み3-4)




鍾乳洞まで山道を歩きます。

私も妻も40年振りとなりますが、こんなにキツイとは思いませんでした。

年の差を感じます。



ようやく鍾乳洞に着きました。


末期がん闘病記:徒然日記(孫達の夏休み3-5)


ここから中に入りますが、想像以上の冷たい冷気に私も孫達もビックリです。

そして皆で鍾乳洞の中へ・・・



末期がん闘病記:徒然日記(孫達の夏休み3-6)



孫達は興味心身!!

すると孫が「じいちゃん、これは?」と言うので行って見ると
なんとこれは・・・・


末期がん闘病記:徒然日記(孫達の夏休み3-7)


あの世とこの世を連想させる何とも言えない神秘的な鍾乳洞内です。



その神秘的な鍾乳洞内を良く見て回りました。




一人一人御賽銭を入れて、皆で一礼。



孫達も満足したようなのでまたドライブを兼ねて家に帰る事にしました。





私は末期がんを家族の支えと自分自身の直感を信じ続け、乗り越えて来ました。
同じ境遇の方々に『生きる勇気と希望』を感じて頂けたら幸いに思います。
私の経験してきた闘病生活などのご質問やご感想等、何でも投げかけて下さい。
メールを頂ければ可能な限りご回答致します。

◆メールはこちらです。◆

※私はPCメールからご返信致します。
携帯メールの方は設定確認をお願いします。 届かずに戻って来るケースがあります。




私の徒然日記 一覧
末期がん闘病記:肝臓がん末期余命3ヶ月を克服した闘病記 トップページ









関連する内容