TOPページ >  > 今年最後のキノコ狩り【2012年11月16日】

今年最後のキノコ狩り【2012年11月16日】

こんにちは。笹野富美夫です。

11月中旬、この季節になると、朝晩と冷え込む日も多くなってきますね。

皆さん、風邪などひいていませんか?私はモチロン元気です!

また、この季節になると紅葉も里へ里への情報が多くなって来ました。

そんなある日、私と妻の2人で、
今年最後となる軽井沢へキノコ狩りに行って来ました。


軽井沢までの道順は、行きは一般道を走り、帰りは高速道を走ると言う
いつもの道順にしました。



我が家を出発して約1時間、ようやく碓氷峠までやって来ました。


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(今年最後のキノコ狩り12/11/16 1)


ここまで来ると軽井沢まではもうすぐです。





そしてようやく軽井沢にやって来ました。

この日の軽井沢は浅間山の山頂には雲がかかっていましたが
天気は良く、絶好のキノコ狩り日和でした。


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(今年最後のキノコ狩り12/11/16 2)



また、紅葉も下界とはさすがに違います。

紅葉を楽しみながら走るのは本当に気分は良いものです。

これにお目当てのキノコが採れれば言うことはナシです(笑)!




そしてお目当ての場所に着きました。


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(今年最後のキノコ狩り12/11/16 3)


記念撮影もそこそこにキノコ狩り開始です。





林の中に入るなり、妻が《クリタケ》を見つけました。


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(今年最後のキノコ狩り12/11/16 4)

ちょっと写真がボケましたが、美味しそうでしょう。。。




そして林の中では、《チャナメツムタケ》、《シロナメツムタケ》が生えていました。


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(今年最後のキノコ狩り12/11/16 5)



その後はお目当ての《シモフリシメジ》や《ホテイシメジ》、そして《アイタケ》などが採れました。


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(今年最後のキノコ狩り12/11/16 6)





キノコ狩りを始めて約2時間、
まずまずの収穫になった事と、お腹が空いたので帰る事にしました。


帰りは高速道を通って帰りました。

高速道を利用する時には、
昼食タイムでいつも立ち寄るのが横川のサービスエリアです。



ここでの『お目当て』は何と言ってもこの、ソースかつ丼です。


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(今年最後のキノコ狩り12/11/16 7)


以前は、『ソースかつ丼』ではなく、『カツ定食』がお目当てでした。

私が肝臓がんの末期で闘病中、妻と共にキノコ狩りに来たときは
ここに立ち寄って、その『カツ定食』を食べるのが楽しみでしたが
リニューアルオープンされてからは、メニューが変わってしまい、
カツ定食が無くなってしまいました。

そのため、今はこの『ソースかつ丼』を食べる事が帰りの楽しみの1つになっています。





そしてこの日のキノコの収穫はと言いますと、この通りです。


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(今年最後のキノコ狩り12/11/16 8)


この日の夕食として、けんちん汁で美味しく頂きました。





我が家の楽しみの一つ、軽井沢でのキノコ狩りも今年はこれで終わりになります。


・・・が、今後は雄大な浅間山の雪化粧を見ながら過ごしたいと思います。





私は末期がんを家族の支えと自分自身の直感を信じ続け、乗り越えて来ました。
同じ境遇の方々に『生きる勇気と希望』を感じて頂けたら幸いに思います。
私の経験してきた闘病生活などのご質問やご感想等、何でも投げかけて下さい。
メールを頂ければ可能な限りご回答致します。

◆メールはこちらです。◆

※私はPCメールからご返信致します。
携帯メールの方は設定確認をお願いします。 届かずに戻って来るケースがあります。




私の徒然日記 一覧
末期がん闘病記:肝臓がん末期余命3ヶ月を克服した闘病記 トップページ









関連する内容