TOPページ >  > 10年ぶりの・・・【2013年5月15日】

10年ぶりの・・・【2013年5月15日】

こんにちは。笹野富美夫です。

今回は、先日孫達を連れて遊びに行った時の事をお伝えしたいと思います。


実に『10年ぶり』に行った場所でした。。。


その場所は我が家から車で30分程の場所にあり、
小高い山の頂上にある『鼻高の丘』、『長坂牧場』と言うところです。



一緒に行ったのは、私達夫婦と末娘と孫達(4人)です。


この日はGW期間中だったのですが、お出かけ日和の五月晴れでした。



肝臓がん末期闘病記:徒然日記(10年ぶりの… 1)

10年ぶりとなる鼻高の丘へ向かう途中の景色です。

写真では良く分からないと思いますが、高崎市や前橋市などが一望に見えます。


写真の山は群馬県の上毛三山の一つで赤城山です。

孫達もこの景色には大満足でしばらく車を停めて眺めていました。




ここまで来るともうすぐ目的地です。

そして10年ぶりとなる鼻高の丘に着きました。

まず、私と妻、そして10年前に一緒に来た孫の3人で10年前と同じ場所で記念撮影です。


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(10年ぶりの… 2)


ここから見える山々の景色は本当に最高です。

残雪が残る浅間山や遠くには八ヶ岳などが一望出来ます。


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(10年ぶりの… 3)



この鼻高の丘に初めて長男と長女の孫を連れて来てから早いもので10年になります。

その時撮った孫達の写真が今も我が家に飾ってあります。

早いものであれから10年経つのか・・・と、妻と共に懐かしさを感じます。


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(10年ぶりの… 4)



そしてあれから10年、写真のように花は芝桜ではありませんが
10年前と同じ場所で孫達の写真を撮る事にしました。


・・・が、よくよく見ると孫一人が写っていませんでした。。。(汗)


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(10年ぶりの… 5)



10年ぶりとなる鼻高の丘、物産店や丘に咲く花などは
以前と変わっていましたが、それでも懐かしさを感じます。


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(10年ぶりの… 6)


鼻高の丘の物産店で揚げたてのコロッケを買い、
食べながら、今度はすぐ近くにある長坂牧場へ行く事にしました。


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(10年ぶりの… 7)



長坂牧場と言っても、牛が放牧されている訳ではありませんが
お目当ては牧場内で売られている濃厚なアイスクリームです。


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(10年ぶりの… 8)


雄大な景色を見ながら食べるアイスクリームは、ここならではと思います。

ただ、ゆっくり座って食べられるベンチなどがあればもっと良いのかなと思いますが・・・。




アイスクリームを食べ終え、次に向かう場所は、群馬県高崎市内にある
観音山ファミリーパーク。ここも10年ぶりとなります。


このファミリーパークは一言で言いますと『広い・・・!』の一言に尽きます。


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(10年ぶりの… 9)


園内はバーベキューを楽しむ方々や、家族連れの方々などで賑わっていました。




園内の遊具で一番人気と言えば、この白いトランポリンのような遊具ですね。


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(10年ぶりの… 10)


孫達も大好きで、飛んだり、跳ねたり、転がったりとても楽しそうです。

この遊具は小学生までで、中学生は禁止みたいですので
その点でも孫達を安心して遊ばせることが出来る遊具だと思います。




それからこの石の道。。。

様々な石が敷き詰められていて足のツボを刺激(マッサージ)するようですが、
私にはとても痛く、辛く・・・。

耐えられず最後まで歩く事が出来ませんでした。。。


孫達もこの通り、痛そうでした。


肝臓がん末期闘病記:徒然日記(10年ぶりの… 11)



そんなこんなでこの日は一日、孫達と一緒に楽しい時間を過ごす事が出来ました。

10年ぶりに来ましたが、10年前と言いますとまだ私は肝臓がんを患う前、
健康だけには自信があった頃です。

そんな私がその翌年、3ヶ月の余命宣告を受ける末期がん患者になってしまい、
そんな現実を突き付けられた時の事は今でも忘れられません。



でもこうして肝臓がんの末期患者が自分自身の免疫力を高める事で
克服する事が出来ました。



『10年ひと昔』と言いますが、
こうして6人もの孫達に恵まれ、私にとっていろいろと意味深い10年でした。。。





私は末期がんを家族の支えと自分自身の直感を信じ続け、乗り越えて来ました。
同じ境遇の方々に『生きる勇気と希望』を感じて頂けたら幸いに思います。
私の経験してきた闘病生活などのご質問やご感想等、何でも投げかけて下さい。
メールを頂ければ可能な限りご回答致します。

◆メールはこちらです。◆

※私はPCメールからご返信致します。
携帯メールの方は設定確認をお願いします。 届かずに戻って来るケースがあります。




私の徒然日記 一覧
末期がん闘病記:肝臓がん末期余命3ヶ月を克服した闘病記 トップページ









関連する内容