TOPページ > 実兄の末期胃がん …【SiteMap】

実兄の末期胃がん …【SiteMap】

兄の末期がん(胃がん)闘病記 最終章

最終章:兄への想い

~この闘病記の内容は1999年(平成11年)7月の出来事です。~



1999年(平成11年)7月8日

兄は末期胃がんにより、52歳の若さで一生を終えてしまった。

「兄の末期がん(胃がん)闘病記 最終章」の続きはこちら 

兄の末期がん(胃がん)闘病記 12

12:忘れられない院長先生の言葉

~この闘病記の内容は1999年(平成11年)7月頃の出来事です。~



その日、私は仕事の都合で朝早めに兄の見舞いに行った。

「兄の末期がん(胃がん)闘病記 12」の続きはこちら 

兄の末期がん(胃がん)闘病記 11

11:最期は一時的に元気になる・・・

~この闘病記の内容は1999年(平成11年)6、7月頃の出来事です。~



人が最期を迎えようとする時、一時的に突然元気になる
という話しを聞いたことがある。

「兄の末期がん(胃がん)闘病記 11」の続きはこちら 

兄の末期がん(胃がん)闘病記 10

10:プロポリスを試してみる

~この闘病記の内容は1999年(平成11年)5月頃の出来事です。~



ある日、兄の病室にお見舞いに行った時、ベッドに兄の姿が無かった。

「兄の末期がん(胃がん)闘病記 10」の続きはこちら 

兄の末期がん(胃がん)闘病記 9

9:健康食品の製品研究者に電話をしてみる

~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。~



病院の移動ではいろいろ苦労があったが、やっと落ち着いてきたある日、
当時、私が兄に飲ませていた健康食品の製品研究者に電話をした事があった。

「兄の末期がん(胃がん)闘病記 9」の続きはこちら 

兄の末期がん(胃がん)闘病記 8

8:先生への不信感から病院を移動してはみたものの・・・

~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。~



『あの先生には大事な兄貴を任せておく事は出来ない。。。』

私は早速家族を集めて病院を移る相談をした。

「兄の末期がん(胃がん)闘病記 8」の続きはこちら 

兄の末期がん(胃がん)闘病記 7

7:先生への不信感が募り病院を移る事を考え始める

~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。~



先生からのそんな不甲斐ない言葉に複雑な気持ちになりながらも
私は先生に食い下がった。

「兄の末期がん(胃がん)闘病記 7」の続きはこちら 

兄の末期がん(胃がん)闘病記 6

6:末期がんの告知について(先生への不信感)

~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。~



ある日、兄が私にこんな事を聞いてきました。

「兄の末期がん(胃がん)闘病記 6」の続きはこちら 

兄の末期がん(胃がん)闘病記 5

5:ある日の総回診での出来事に兄が憤慨

~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。~



ある日、兄のお見舞いに行ったら兄が憤慨していて機嫌がとても悪そうな時があった。

「兄の末期がん(胃がん)闘病記 5」の続きはこちら 

兄の末期がん(胃がん)闘病記 4

4:兄を何としてでも助けたい・・・健康食品

~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。~



先生から兄の末期の胃がん告知と余命3ヶ月の宣告を聞いた私と義姉は
呆然としたまま、そのまましばらく病院の待合室にいた。

「兄の末期がん(胃がん)闘病記 4」の続きはこちら 

兄の末期がん(胃がん)闘病記 3

3:末期の胃がんで余命3ヶ月の宣告を受ける

~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。~



兄が検査を終えて、病院から工場へ戻ってきた。

「兄の末期がん(胃がん)闘病記 3」の続きはこちら 

兄の末期がん(胃がん)闘病記 2

2:体調の異変を感じ、病院へ

~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。~



3月のある日、いつもの朝を迎えていた。

「兄の末期がん(胃がん)闘病記 2」の続きはこちら 

兄の末期がん(胃がん)闘病記 1

1:私達の本業

~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。~



今から30年ほど前、
私と兄は、自動車の板金塗装やカスタムカー製作、エアーブラシキャンディペイントなどの
仕事を一緒に始めました。

「兄の末期がん(胃がん)闘病記 1」の続きはこちら