TOPページ > 実兄の末期胃がん …【SiteMap】 > 兄の末期がん(胃がん)闘病記 1

兄の末期がん(胃がん)闘病記 1

1:私達の本業

~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。~



今から30年ほど前、
私と兄は、自動車の板金塗装やカスタムカー製作、エアーブラシキャンディペイントなどの
仕事を一緒に始めました。


車に派手な絵を描いて走り回るのは当時、神奈川の湘南方面では
流行っていましたが、私が住んでいるような場所では、そんな車はほとんど
見ることは無く、本当に珍しいモノでした。

兄の末期胃がん闘病記:カスタムカー1


スーパーなんかで、車を駐車場に停めておいて買い物から戻ってくると
人だかりが出来ていて、
その中をかき分けて車に乗り込む時のある種の優越感は、今でも良く覚えています。

兄の末期胃がん闘病記:カスタムカー2

そんな場所での起業だったので、私達の車が大きな宣伝となり、
仕事も自然と増え、そういう車同士のクラブを作っては、
あちこちと、ツーリングに出かけたりしていました。

兄の末期胃がん闘病記:カスタムカー3

ほんの数年前までは、我が家の車も特殊なペイントで塗装したものだったので、
それはそれは色とりどりで駐車場もにぎやかなモノでした。









次の兄の末期がん(胃がん)闘病記に進む
⇒2:体調の異変を感じ、病院へ



◆闘病記へのご意見・ご感想を下さい。メールはこちらです。◆




関連する内容

兄の末期がん(胃がん)闘病記 最終章

最終章:兄への想い ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)7月の出来事です。~ 1999年(平成11年)7月8日

兄の末期がん(胃がん)闘病記 12

12:忘れられない院長先生の言葉 ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)7月頃の出来事です。~ その日、私は仕事の

兄の末期がん(胃がん)闘病記 11

11:最期は一時的に元気になる・・・ ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)6、7月頃の出来事です。~ 人が最期を

兄の末期がん(胃がん)闘病記 10

10:プロポリスを試してみる ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)5月頃の出来事です。~ ある日、兄の病室にお見

兄の末期がん(胃がん)闘病記 9

9:健康食品の製品研究者に電話をしてみる ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。~ 病院の移動

兄の末期がん(胃がん)闘病記 8

8:先生への不信感から病院を移動してはみたものの・・・ ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。

兄の末期がん(胃がん)闘病記 7

7:先生への不信感が募り病院を移る事を考え始める ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。~ 先