TOPページ > 実兄の末期胃がん …【SiteMap】 > 兄の末期がん(胃がん)闘病記 2

兄の末期がん(胃がん)闘病記 2

2:体調の異変を感じ、病院へ

~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。~



3月のある日、いつもの朝を迎えていた。


仕事を始める前には兄とコーヒーを飲むのが日課になっていた。


コーヒーを飲んでいる時、兄が私に言った。
「最近胃の調子が悪いからさぁ・・・、ちょっと病院にでも行って検査して来るよ。」



朝から晩まで兄と一緒にいる私から見て、
兄が特に変わった様子も無かったので、
私はその当時、さほど心配はしていなかった。


しかし、病院に検査に出かける前、兄はちょっと不安そうに、
「もしも、がんだったらどうしよう。。。
まぁ、それはそれでしょうがないか。。。」

私にボソッとつぶやいた事を覚えています。



ただ兄は、十二指腸潰瘍などで、薬を飲んで治療していたので
私はその検査に関してはほとんど心配もしていなかった。


『また、十二指腸潰瘍でも出来たのかな。。。』

位の気持ちでいつもの通り、仕事をこなしていた。









次の兄の末期がん(肝臓がん)闘病記に進む
⇒3:末期の胃がんで余命3ヶ月の宣告を受ける






◆闘病記へのご意見・ご感想を下さい。メールはこちらです。◆




関連する内容

兄の末期がん(胃がん)闘病記 最終章

最終章:兄への想い ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)7月の出来事です。~ 1999年(平成11年)7月8日

兄の末期がん(胃がん)闘病記 12

12:忘れられない院長先生の言葉 ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)7月頃の出来事です。~ その日、私は仕事の

兄の末期がん(胃がん)闘病記 11

11:最期は一時的に元気になる・・・ ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)6、7月頃の出来事です。~ 人が最期を

兄の末期がん(胃がん)闘病記 10

10:プロポリスを試してみる ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)5月頃の出来事です。~ ある日、兄の病室にお見

兄の末期がん(胃がん)闘病記 9

9:健康食品の製品研究者に電話をしてみる ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。~ 病院の移動

兄の末期がん(胃がん)闘病記 8

8:先生への不信感から病院を移動してはみたものの・・・ ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。

兄の末期がん(胃がん)闘病記 7

7:先生への不信感が募り病院を移る事を考え始める ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。~ 先