TOPページ > 実兄の末期胃がん …【SiteMap】 > 兄の末期がん(胃がん)闘病記 10

兄の末期がん(胃がん)闘病記 10

10:プロポリスを試してみる

~この闘病記の内容は1999年(平成11年)5月頃の出来事です。~



ある日、兄の病室にお見舞いに行った時、ベッドに兄の姿が無かった。


どこへ行ったのかと思い、廊下に出てみるとトイレの帰りらしかった。



その兄の姿が。。。


点滴台にしがみついて苦しそうに歩いていた。。。


その痛々しい姿を見ていると 胃がん末期がん)の症状が悪化しているのを感じた。


その頃はもう、元気で仕事をしていた兄の面影は全く存在していなかった。。。



とにかく時間が無かった。



今まで兄に飲ませていた健康食品を考え直し、次なる健康食品も必死で探し始めた。


で、次にたどり着いたのが今は有名なプロポリスだった。


私が見つけたプロポリスはビンに入った
濃縮タイプのものでぬるま湯に入れて飲むもので早速、兄に飲ませてみた。


コレはものすごくひどい味で兄はとても嫌がった。


私もそのプロポリスを味見してみたが耐えられないほどしんどい味をしていた。


ただでさえ、喉が通りにくいがん患者にしてみれば本当にしんどいと思った。


それでも兄は私が一生懸命さがして持ってきたものなので
頑張ってしばらく飲んでくれていた。。。



当時、兄には点滴と抗がん剤と健康食品の3柱で
胃がん(末期がん)の治療に当たっていた。









次の兄の末期がん(肝臓がん)闘病記に進む
⇒11:最期は一時的に元気になる・・・






◆闘病記へのご意見・ご感想を下さい。メールはこちらです。◆




関連する内容

兄の末期がん(胃がん)闘病記 最終章

最終章:兄への想い ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)7月の出来事です。~ 1999年(平成11年)7月8日

兄の末期がん(胃がん)闘病記 12

12:忘れられない院長先生の言葉 ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)7月頃の出来事です。~ その日、私は仕事の

兄の末期がん(胃がん)闘病記 11

11:最期は一時的に元気になる・・・ ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)6、7月頃の出来事です。~ 人が最期を

兄の末期がん(胃がん)闘病記 10

10:プロポリスを試してみる ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)5月頃の出来事です。~ ある日、兄の病室にお見

兄の末期がん(胃がん)闘病記 9

9:健康食品の製品研究者に電話をしてみる ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。~ 病院の移動

兄の末期がん(胃がん)闘病記 8

8:先生への不信感から病院を移動してはみたものの・・・ ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。

兄の末期がん(胃がん)闘病記 7

7:先生への不信感が募り病院を移る事を考え始める ~この闘病記の内容は1999年(平成11年)3月頃の出来事です。~ 先