TOPページ > もう一つの胃がん…【SiteMap】 > 胃がん 末期 闘病記 1

胃がん 末期 闘病記 1

1:その後の私 1

2006年(平成18年)6月
私は末期がん(肝臓がん)を克服してから3ヶ月に1度、
外来病院で血液検査を受けていた。


私は病気が病気だけに念には念を入れていた。

あの長く辛い闘病生活だけは2度と味わいたくないという思いが
心に中にいつもあった。


それから比べれば3ヶ月に1度の血液検査くらいは
どうこう言う問題では無かった。



そして血液検査の日、病院に行ってみると
いつものように病院内はどの科も患者さん達で混雑していた。

私はいつものように外科で受付を済ませると
少し離れた椅子に座り、診察の順番を待った。

診察室の前の待合室の椅子は患者さん達で一杯だった。


私が座っている場所からは
外科の受付から診察を受ける方たちなどが良く見えた。

外科の診察の順番を知らせる電光掲示板には次々と受付順の番号が表示されていた。


一般外来の方と予約の方では番号が違うので見てすぐ分かる。

私が腰かけている場所を様々な方たちが行き交っていた。


診察室から1人の方が出て行くとすぐさま次の方が入って行く。

どの方の表情も不安を抱え、心配そうな顔つきに見えた。

私にもその方達の気持ちが何となく分かるような気がした。


以前私も不安を抱え、心配そうにこの場所に座っていたからかも知れない。


この病院はいつも混雑し、
このような光景が毎日繰り返されているのだろう。。。

病院に来て椅子に座り診察を待っていると
闘病生活を送っていた事を思い出していた。









次の胃がん末期闘病記へ進む
⇒2:その後の私 2


【もう一つの胃がん末期の闘い】闘病記・年表に戻る


末期がん闘病記:肝臓がん末期余命3ヶ月を克服した闘病記 トップページ




◆闘病記へのご意見・ご感想を下さい。メールはこちらです。◆




関連する内容

胃がん 末期 闘病記

その後の原島さん 原島さんの胃がん末期の闘病記、【もう一つの胃がん末期の闘い】も最終章を迎え、 今日は原島さんに伺った胃

胃がん 末期 闘病記 最終章

最終章: 人との出逢い、そして【絆】 私はこれまでも様々な人と出逢って来たが 人と人との繋がりはいつどこでどうなるのか、

胃がん 末期 闘病記 34

34: 衝撃的な出逢いを妻に話す 自宅に戻ると私はお店で紹介された 末期 の 胃がん を克服された原島さんの事を妻に話し

胃がん 末期 闘病記 33

がん と闘う心構え 3 私は原島さんご夫婦と出逢い、いろいろな話しをした後、 お店でご夫婦と別れ、家に戻る事にした。

胃がん 末期 闘病記 32

32: がん と闘う心構え 2 私は 胃がん の 末期 でこの世を去った兄の死を思うと 医療技術の進歩は素晴しいと思うが

胃がん 末期 闘病記 31

31: がん と闘う心構え 1 入院中同室になる患者さんの中には私(笹野)のように何か情報を得て 様々な健康食品を飲んで

胃がん 末期 闘病記 30