TOPページ > もう一つの胃がん…【SiteMap】 > 胃がん 末期 闘病記 9

胃がん 末期 闘病記 9

9: 尿道結石に悩まされていた


原島さんは抗がん剤治療を受けている時、
併用して健康食品を飲む事で副作用をまともに受けなかったのか、
何か免疫力を高められるものを体内に取り入れなければ
病院食や点滴位では抗がん剤治療、ましてや がん には到底勝てるはずが無いと思った。

抗がん剤の副作用を考えると
【無防備】でなかった事が良かったのだろう。


私も 肝臓がん の告知を受けた時、今とは違う健康食品を既に飲んでいたが
その製品に限界を感じていた所、伊藤さんが今の健康食品を見つけてくれた事で
切り替えることが出来た。それが良かったのだろうと思う。

そう考えると、私も原島さんも共に【無防備】でなかった事が
末期がんを克服出来た大きな要因の1つとも思えた。



~敬称略~

原島    「笹野さんは何故 肝臓がん になってしまったのですか?」


笹野    「私はC型肝炎が原因で知らないうちに肝硬変になり
       身体の異変が起きて検査をした結果、
       肝臓がん と言う事でした。
       生まれて初めての入院が 末期がん で本当にビックリしました。
       私の兄も胃かいよう と言う事で個人病院から
       薬を出してもらい飲んでいたのですが
       一向に体調が良くならないので検査をしてみたら
       胃がん の末期でしかも余命宣告までされてしまいました。
       その兄が亡くなってから7年が過ぎました。
       原島さんの場合は何が原因で胃がん になったのですか?」


原島    「私は当時尿道結石に悩まされていました。
       年に1度か2度、激しい痛みが襲ってきて
       今回も『またか』程度に結構安易に考えていたんですよ。
       そして検査をしてレントゲンを撮り、
       検査結果を聞いて唖然としてしまいました。
       医師が言うには
       『ここまで酷い人は初めて見ました。』と言う事でした。
       私は何が何だか分からない状態でした。
       医師は
       『右の腎臓は腫れ上がっていてほどんど機能していません。
       左側の腎臓も近いうち機能しなくなると思います。
       そうなると人工透析になってしまいます。』

       本当にキツネに摘まれた様な状態でした。

       更に医師は
       『正直私1人の考えではどうして良いのか分かりません。
       他の医師と相談して今後の治療方法を決めたいと思いますので
       しばらく待合室でお待ち頂けますか?』
と言われました。
       その時私は事の重大さ、そして自分の病の重さに
       ただただビックリするしかなかったです。

       待合室で待ちながら数時間後、
       再び医師から説明がありました。
       『今後の治療方法として膀胱から腎臓まで管を入れて
       衝撃波で結石を破壊しましょう。』との事でした。
       それからしばらくしてその治療を始めたのですが
       相当大きいのか硬いのか、衝撃波を試みましたが
       破壊出来ず、結局破壊ではなく
       レーザーで細かく砕いて尿と共に排出する方法を
       取る事になりました。」









次の胃がん末期闘病記へ進む
⇒10:治療ミスを体験する


【もう一つの胃がん末期の闘い】闘病記・年表に戻る


末期がん闘病記:肝臓がん末期余命3ヶ月を克服した闘病記 トップページ




◆闘病記へのご意見・ご感想を下さい。メールはこちらです。◆




関連する内容

胃がん 末期 闘病記

その後の原島さん 原島さんの胃がん末期の闘病記、【もう一つの胃がん末期の闘い】も最終章を迎え、 今日は原島さんに伺った胃

胃がん 末期 闘病記 最終章

最終章: 人との出逢い、そして【絆】 私はこれまでも様々な人と出逢って来たが 人と人との繋がりはいつどこでどうなるのか、

胃がん 末期 闘病記 34

34: 衝撃的な出逢いを妻に話す 自宅に戻ると私はお店で紹介された 末期 の 胃がん を克服された原島さんの事を妻に話し

胃がん 末期 闘病記 33

がん と闘う心構え 3 私は原島さんご夫婦と出逢い、いろいろな話しをした後、 お店でご夫婦と別れ、家に戻る事にした。

胃がん 末期 闘病記 32

32: がん と闘う心構え 2 私は 胃がん の 末期 でこの世を去った兄の死を思うと 医療技術の進歩は素晴しいと思うが

胃がん 末期 闘病記 31

31: がん と闘う心構え 1 入院中同室になる患者さんの中には私(笹野)のように何か情報を得て 様々な健康食品を飲んで

胃がん 末期 闘病記 30