TOPページ > もう一つの胃がん…【SiteMap】 > 胃がん 末期 闘病記 13

胃がん 末期 闘病記 13

13: 歯切れの悪い抗がん剤治療説明 1

私(笹野)は生まれて初めての入院が【末期の肝臓がん】だった。

黄疸の症状が出て初めて病院へ診察に行った。

肝臓がんと言う告知は受けたものの
余命宣告は当時は妻だけにされ、私自身には知らされていなかった。


しかし原島さんの場合は胃がん末期の告知と余命宣告とが
同時に本人に告げられた形になっていた。

共に『末期がん患者』として当時、私としては 末期がん を告知された時、
頭の中が真っ白になり、【死】と言う文字が頭の中に浮かんだ。


原島さんの『どうする事も出来なかった。』と言う言葉に
私は胸が痛くなった。

この思いは がん を患った者だけにしか分からない事のように思えたからだ。



~敬称略~

原島    「胃がん末期と余命宣告を受けた後、
       医師の説明はその後も続きました。

       『今後の治療方法は手術が出来ない事等から考えて
       化学療法(抗がん剤治療)になるでしょう。』と言われました。
       抗がん剤治療における
       がん 細胞への抑制率なんかも説明を受けました。

       抗がん剤治療はTS-1(ティエスワン)で30~40%の抑制率
       タキソテールで70%程度の抑制率と説明されました。
       また、タキソテールのような抑制率が高い抗がん剤治療は
       その分リスクも高く、副作用も強く出ますとも
       説明を受けました。

       しかし胃がん末期の告知を受け、頭が混乱している私に
       TS-1(ティエスワン)やらタキソテールなど、
       初めて聞く様な言葉をいきなり言われても
       そんなもん選べるはずもありません。

       そこで私は医師に尋ねました。
       『先生、もしあなたが がん 患者だったら
       どのような治療方法を選びますか?』
と・・・。

       医師は私の質問に対して
       『もし私が がん 患者だったら【併用】を選びます。』
       と言いました。」

       

        ⇒その時医師が説明に使ったメモ書きです。









次の胃がん末期闘病記へ進む
⇒14:歯切れの悪い抗がん剤治療説明 2


【もう一つの胃がん末期の闘い】闘病記・年表に戻る


末期がん闘病記:肝臓がん末期余命3ヶ月を克服した闘病記 トップページ




◆闘病記へのご意見・ご感想を下さい。メールはこちらです。◆




関連する内容

胃がん 末期 闘病記

その後の原島さん 原島さんの胃がん末期の闘病記、【もう一つの胃がん末期の闘い】も最終章を迎え、 今日は原島さんに伺った胃

胃がん 末期 闘病記 最終章

最終章: 人との出逢い、そして【絆】 私はこれまでも様々な人と出逢って来たが 人と人との繋がりはいつどこでどうなるのか、

胃がん 末期 闘病記 34

34: 衝撃的な出逢いを妻に話す 自宅に戻ると私はお店で紹介された 末期 の 胃がん を克服された原島さんの事を妻に話し

胃がん 末期 闘病記 33

がん と闘う心構え 3 私は原島さんご夫婦と出逢い、いろいろな話しをした後、 お店でご夫婦と別れ、家に戻る事にした。

胃がん 末期 闘病記 32

32: がん と闘う心構え 2 私は 胃がん の 末期 でこの世を去った兄の死を思うと 医療技術の進歩は素晴しいと思うが

胃がん 末期 闘病記 31

31: がん と闘う心構え 1 入院中同室になる患者さんの中には私(笹野)のように何か情報を得て 様々な健康食品を飲んで

胃がん 末期 闘病記 30