TOPページ > もう一つの胃がん…【SiteMap】 > 胃がん 末期 闘病記 15

胃がん 末期 闘病記 15

15: 胃がん 末期と闘うため がん センターへ


~敬称略~

原島    「私は病院での診察から家内と自宅に戻り
       その後の事はあまり良く覚えていません。
       ただその晩は先生の心配をよそに安定剤も飲まず
       熟睡する事が出来ました。

       私は告知を受ける前、家内には
       『いいか、何があってもジタバタするなよ。
       お前がジタバタすると家族全員が動揺するからな。』

       と伝えてありました。

       そのためか家の中は表面的には
       落ち着いているように思えました。
       またそのお陰で何より自分が
       落ち着いて、冷静な気持ちでいられました。」


原島(奥)  「私は主人にそう言われていたので
       出来るだけ冷静にしようと努めていました。
       主人の母も同居しているので
       おばあちゃんにも心配はさせたくありませんでしたから・・・」


と当時を思い出すかのようにしみじみと話してくれた。

また、原島さんはこんな事も私に教えてくれました。


【悩んでもどうにもならぬことなら悩むのを止めよ】

【前を見よ】


何かでこんな文面を読まれた事があって
この時、この言葉を常に噛みしめていたと。。。



原島    「翌日、予定通り病院でもらった資料を持って
       がん センターへ行き、検査をしてもらいました。

       今回はハッキリ胃がんと宣告されました。

       しかもリンパ節へ転移しているとの事でした。
       また、少量の腹水もあったようです。

       出血の可能性があると言う事で
       即入院の指示をもらいました。
       早速入院中の地元の病院へ戻り退院手続きを行いました。

       その地元の病院を退院する際、
       担当医やお世話になった看護士さん達にお礼を言うと
       看護士さん達は泣いていました。
       私は幽霊のしぐさ・マネをして『また会いに来るよ~』
       なんておちゃらけて見せました。

       そんなこんなでバタバタとがんセンターへ入院しました。

       そして私の胃がん末期の闘病生活が始まりました。」

         ⇒がん センターでの【入院診療計画書】









次の胃がん末期闘病記へ進む
⇒16:胃がん末期との闘いの始まり


【もう一つの胃がん末期の闘い】闘病記・年表に戻る


末期がん闘病記:肝臓がん末期余命3ヶ月を克服した闘病記 トップページ




◆闘病記へのご意見・ご感想を下さい。メールはこちらです。◆




関連する内容

胃がん 末期 闘病記

その後の原島さん 原島さんの胃がん末期の闘病記、【もう一つの胃がん末期の闘い】も最終章を迎え、 今日は原島さんに伺った胃

胃がん 末期 闘病記 最終章

最終章: 人との出逢い、そして【絆】 私はこれまでも様々な人と出逢って来たが 人と人との繋がりはいつどこでどうなるのか、

胃がん 末期 闘病記 34

34: 衝撃的な出逢いを妻に話す 自宅に戻ると私はお店で紹介された 末期 の 胃がん を克服された原島さんの事を妻に話し

胃がん 末期 闘病記 33

がん と闘う心構え 3 私は原島さんご夫婦と出逢い、いろいろな話しをした後、 お店でご夫婦と別れ、家に戻る事にした。

胃がん 末期 闘病記 32

32: がん と闘う心構え 2 私は 胃がん の 末期 でこの世を去った兄の死を思うと 医療技術の進歩は素晴しいと思うが

胃がん 末期 闘病記 31

31: がん と闘う心構え 1 入院中同室になる患者さんの中には私(笹野)のように何か情報を得て 様々な健康食品を飲んで

胃がん 末期 闘病記 30