TOPページ > もう一つの胃がん…【SiteMap】 > 胃がん 末期 闘病記 16

胃がん 末期 闘病記 16

16: 胃がん末期との闘いの始まり

良く【人それぞれ】と言う言葉を耳にするが
原島さんは本当に辛い時期を乗り越えて来たのだと感じた。


そして原島さんの奥さんは当時どんなに辛かった事だろうと思った。

きっと家族の中で気丈に振る舞っていたのかも知れない。


そしてちょうど同じ頃に私は末期肝臓がん
原島さんは末期胃がんと病名は違うものの、
お互い末期がん患者として闘病生活が始まっていた事になる。


また、私と原島さんに共通している事は末期がん患者と言う事だけでなく
私達家族の中にも私を産んでくれたおふくろがいた事と
原島さん家族にもお母さんがおられたと言う共通点があった。

共に母親を残して先に死ぬ訳には行かなかった。


私の妻はおふくろを、原島さんの奥さんはお母さんを、
夫の看病の他に支えていてくれた事に家族の大切さを実感した。



~敬称略~

原島    「がん センターへ入院後、
       早速抗がん剤治療の説明がありました。

       進行性 胃がん 患者対象の
       タキソテール注とTS-1(ティエスワン)カプセル併用の
       化学療法の臨床試験参加の説明を受けました。

         ⇒タキソテール注・ティーエスワンカプセルの予想される効果と副作用について
         (がん センターで頂いた資料です。)

       私はその時、前に入院していた病院の医師に
       『もしあなたが がん 患者だったらどの治療法を選びますか?』
       と聞いた時、『私なら併用を選びます。』
       といった言葉を思い出しました。

       私は臨床試験参加のための同意書に署名をしました。

         ⇒【臨床試験同意書】

       その同意書に署名をした時、
       いよいよ 胃がん末期 との闘いが始まると言う感じがしました。

       私は出来る事ならば
       普通の生活を送りながら死にたいと思っていました。
       病院の中で縛られて動けないのが
       一番辛いと考えていたからです。

       でも『絶対に がん に勝ってやる!』と言う
       とにかく強い気持ちを持つよう、常に心がけていました。」


         ⇒感染症検査についての説明と同意文書(参考まで)

         ⇒入院・手術証明書(参考まで)









次の胃がん末期闘病記へ進む
⇒17:抗がん剤治療と副作用


【もう一つの胃がん末期の闘い】闘病記・年表に戻る


末期がん闘病記:肝臓がん末期余命3ヶ月を克服した闘病記 トップページ




◆闘病記へのご意見・ご感想を下さい。メールはこちらです。◆




関連する内容

胃がん 末期 闘病記

その後の原島さん 原島さんの胃がん末期の闘病記、【もう一つの胃がん末期の闘い】も最終章を迎え、 今日は原島さんに伺った胃

胃がん 末期 闘病記 最終章

最終章: 人との出逢い、そして【絆】 私はこれまでも様々な人と出逢って来たが 人と人との繋がりはいつどこでどうなるのか、

胃がん 末期 闘病記 34

34: 衝撃的な出逢いを妻に話す 自宅に戻ると私はお店で紹介された 末期 の 胃がん を克服された原島さんの事を妻に話し

胃がん 末期 闘病記 33

がん と闘う心構え 3 私は原島さんご夫婦と出逢い、いろいろな話しをした後、 お店でご夫婦と別れ、家に戻る事にした。

胃がん 末期 闘病記 32

32: がん と闘う心構え 2 私は 胃がん の 末期 でこの世を去った兄の死を思うと 医療技術の進歩は素晴しいと思うが

胃がん 末期 闘病記 31

31: がん と闘う心構え 1 入院中同室になる患者さんの中には私(笹野)のように何か情報を得て 様々な健康食品を飲んで

胃がん 末期 闘病記 30