TOPページ > もう一つの胃がん…【SiteMap】 > 胃がん 末期 闘病記 18

胃がん 末期 闘病記 18

18: 何時命尽きるとも精一杯生きるのみ

私は原島さんの話しを聞いた時、
兄の胃がん 末期の事を思い出していた。


兄の 胃がん は食道側、胃の上部に出来ていた。

そのために食物は通らなくなっていた。

兄の 胃がん も原島さんと同じように胃の中央部に出来ていたのならば
また違った闘病生活を送れたのではないかと思った。

がん の出来る部位により
治療方法や余命を左右する事があるのだとこの時感じた。



~敬称略~

原島    「抗がん剤治療の1クールを終え休薬期間に入り
       胃がん の症状も安定していたため
       自宅療養の許可が出ました。

       久しぶりに家に帰ると家族や兄弟、知人達が次々と
       がん に効くと言われている、また思われているものを
       持ってきてくれました。

       健康食品、サプリメント、野菜など
       本当にありがたいものだと感謝しました。

       私は頂いた物全てを身体に入れました。
       気負いは全くありませんでした。

       ≪何時命尽きるとも精一杯生きるのみ≫

       私の強い気持ちでした。

       私は抗がん剤治療と末期の 胃がん に負けないよう
       体力を維持する事に神経を集中させて日々を送りました。

       とにかく生きるためにありとあらゆる方法を取り
       ご飯はたとえ食欲が無くても
       ゴルフボール大にして水やお茶で流し込んで食べていました。
       味わうための【食事】では無く
       生きるための【食事】を繰り返しました。

       自分自身の命を守るためには
       自分で出来る事は全て自分で決めなくてはいけない・・・。

       がん との闘いはそんなに甘いものではないですからね。

       『生きる』と言う強い気持ちと抗がん剤治療、
       そして健康食品や家族、知人など、
       全ての物事が功を奏して来たのだと思います。

       こうして がん センターへ入院してから約1年後、
       私は趣味のゴルフにも行ける位回復していました。
       1年間休職していた職場にも復帰する事にしました。

       しかし、
       決してがん の腫瘍が消え去った訳ではありませんでした。」









次の胃がん末期闘病記へ進む
⇒19:新たな健康食品との出会い


【もう一つの胃がん末期の闘い】闘病記・年表に戻る


末期がん闘病記:肝臓がん末期余命3ヶ月を克服した闘病記 トップページ




◆闘病記へのご意見・ご感想を下さい。メールはこちらです。◆




関連する内容

胃がん 末期 闘病記

その後の原島さん 原島さんの胃がん末期の闘病記、【もう一つの胃がん末期の闘い】も最終章を迎え、 今日は原島さんに伺った胃

胃がん 末期 闘病記 最終章

最終章: 人との出逢い、そして【絆】 私はこれまでも様々な人と出逢って来たが 人と人との繋がりはいつどこでどうなるのか、

胃がん 末期 闘病記 34

34: 衝撃的な出逢いを妻に話す 自宅に戻ると私はお店で紹介された 末期 の 胃がん を克服された原島さんの事を妻に話し

胃がん 末期 闘病記 33

がん と闘う心構え 3 私は原島さんご夫婦と出逢い、いろいろな話しをした後、 お店でご夫婦と別れ、家に戻る事にした。

胃がん 末期 闘病記 32

32: がん と闘う心構え 2 私は 胃がん の 末期 でこの世を去った兄の死を思うと 医療技術の進歩は素晴しいと思うが

胃がん 末期 闘病記 31

31: がん と闘う心構え 1 入院中同室になる患者さんの中には私(笹野)のように何か情報を得て 様々な健康食品を飲んで

胃がん 末期 闘病記 30