TOPページ > もう一つの胃がん…【SiteMap】 > 胃がん 末期 闘病記 23

胃がん 末期 闘病記 23

23: 現代医療ではあり得ない事?!


~敬称略~

原島    「内視鏡の検査で私の胃に出来ていた がん の腫瘍が
       消滅した事を知った時、胃はその後どのようになっているのか
       医師に尋ねた事がありました。

       その時は がん の腫瘍のあったところは少し引きつった
       ケロイド状態で、ちょうど胃潰瘍が治った感じになっている
       との事でした。

       現在はそのケロイド状態もほとんど無く正常になっています。

       私は医師に『どうしてそうなったのか?』と尋ねてみましたが
       医師も『さぁ・・・。』と不思議そうに首を振るばかりでした。

       私の胃に出来ていた、手術が不可能な程の がん の腫瘍が
       消滅した事に一番驚いているのは
       現代医療に携わっている医師たちかも知れません。

       現代医療の治療の中ではあり得ない事なのだろうと思います。

       医師は『数種類の抗がん剤治療でここまで回復した人は
       稀にはいますが原島さんのように同じ種類の抗がん剤のみで
       ここまで回復された方はいません。』
       なんて平気で言っていました。

       また、定期検査の診察の中で医師から
       『原島さん、手術はイヤですか?(しませんか?)』
       とも言われた事がありました。

       元気になった私のカラダ(胃の中)を見たかったのでしょうね。

       もちろんそんな話しは受ける訳はありませんけど・・・。

       医師は冗談とも本気とも取れる表情で話していました。









次の胃がん末期闘病記へ進む
⇒24:誤診?癌もどき???


【もう一つの胃がん末期の闘い】闘病記・年表に戻る


末期がん闘病記:肝臓がん末期余命3ヶ月を克服した闘病記 トップページ




◆闘病記へのご意見・ご感想を下さい。メールはこちらです。◆




関連する内容

胃がん 末期 闘病記

その後の原島さん 原島さんの胃がん末期の闘病記、【もう一つの胃がん末期の闘い】も最終章を迎え、 今日は原島さんに伺った胃

胃がん 末期 闘病記 最終章

最終章: 人との出逢い、そして【絆】 私はこれまでも様々な人と出逢って来たが 人と人との繋がりはいつどこでどうなるのか、

胃がん 末期 闘病記 34

34: 衝撃的な出逢いを妻に話す 自宅に戻ると私はお店で紹介された 末期 の 胃がん を克服された原島さんの事を妻に話し

胃がん 末期 闘病記 33

がん と闘う心構え 3 私は原島さんご夫婦と出逢い、いろいろな話しをした後、 お店でご夫婦と別れ、家に戻る事にした。

胃がん 末期 闘病記 32

32: がん と闘う心構え 2 私は 胃がん の 末期 でこの世を去った兄の死を思うと 医療技術の進歩は素晴しいと思うが

胃がん 末期 闘病記 31

31: がん と闘う心構え 1 入院中同室になる患者さんの中には私(笹野)のように何か情報を得て 様々な健康食品を飲んで

胃がん 末期 闘病記 30