TOPページ > もう一つの胃がん…【SiteMap】 > 胃がん 末期 闘病記 25

胃がん 末期 闘病記 25

25: 2004年(平成16年)4月9日と言う日 1


~敬称略~

原島    「胃がん末期と言われる病を克服した後、
       私達家族は何事も無かったかのように過ごしています。
       あの当時の事は家族の中でもほとんど口にしませんね。
       『思い出したくない』と言うのが本音です。

       でも笹野さんとがんの闘病中の話しをしていると
       あの時の事があれもこれも浮かんできます。

       今こうして末期胃がんを克服出来ていても
       黒くなった爪を見ていると【728日間】と言う長い年月行っていた
       抗がん剤の副作用はなかなか消えないものですね。

         この時、原島さんの爪はまだ黒く変色していました。

       抗がん剤の副作用と言っても私の場合は
       臨床試験を受けるという事がありましたから
       申し込んでから認可が下りるまでには2,3日かかりました。

       認可が下りてから臨床試験を受けるにあたり、
       抗がん剤の副作用や試験中の注意事項などの
       説明を受けました。

         ⇒タキソテール注・ティーエスワンカプセルの予想される効果と副作用について
         (原島さんが、がん センターで頂いた資料です。)

       その後、主治医から渡された同意書にサインをしました。

         ⇒【臨床試験同意書】

       このサインをした時が私にとって胃がんの末期との
       闘いを決意した時でもありました。

       2004年(平成16年)4月6日に以前入院していた
       病院から がん センターに移り、入院をして
       抗がん剤の臨床試験の申込みをしました。

       そしてその2日後の4月8日に認可が下り、
       4月9日から1クール、14日間の抗がん剤治療が始まりました。」









次の胃がん末期闘病記へ進む
⇒26:2004年(平成16年)4月9日と言う日 2


【もう一つの胃がん末期の闘い】闘病記・年表に戻る


末期がん闘病記:肝臓がん末期余命3ヶ月を克服した闘病記 トップページ




◆闘病記へのご意見・ご感想を下さい。メールはこちらです。◆




関連する内容

胃がん 末期 闘病記

その後の原島さん 原島さんの胃がん末期の闘病記、【もう一つの胃がん末期の闘い】も最終章を迎え、 今日は原島さんに伺った胃

胃がん 末期 闘病記 最終章

最終章: 人との出逢い、そして【絆】 私はこれまでも様々な人と出逢って来たが 人と人との繋がりはいつどこでどうなるのか、

胃がん 末期 闘病記 34

34: 衝撃的な出逢いを妻に話す 自宅に戻ると私はお店で紹介された 末期 の 胃がん を克服された原島さんの事を妻に話し

胃がん 末期 闘病記 33

がん と闘う心構え 3 私は原島さんご夫婦と出逢い、いろいろな話しをした後、 お店でご夫婦と別れ、家に戻る事にした。

胃がん 末期 闘病記 32

32: がん と闘う心構え 2 私は 胃がん の 末期 でこの世を去った兄の死を思うと 医療技術の進歩は素晴しいと思うが

胃がん 末期 闘病記 31

31: がん と闘う心構え 1 入院中同室になる患者さんの中には私(笹野)のように何か情報を得て 様々な健康食品を飲んで

胃がん 末期 闘病記 30