TOPページ > もう一つの胃がん…【SiteMap】 > 胃がん 末期 闘病記 30

胃がん 末期 闘病記 30

30: 統合医療 を知るキッカケ


私は早い段階で『統合医療』を知る事が出来た事が
末期がん(肝臓がん)を克服するのに功を奏したのだと今でも思っている。

私は造影剤の副作用で意識が朦朧(もうろう)としている中
気がつくと今度は4階の病棟のベッドにいた。

4階のベッドに入院するようになってから多くの がん 患者さんと接する事になった。

手術で治療を行う がん 患者さん、放射線の治療を受ける がん 患者さん、
抗がん剤治療を受ける がん 患者さんなど
何度も入退院を繰り返す私にとって様々な体験をする始まりとなった。


がん の治療法の中でも【抗がん剤】による治療を受ける がん 患者さんを
病室の中で数多く見てきた。

私は 胃がん の末期でこの世を去ってしまった兄との関わりそして死をキッカケに
抗がん剤はほとんど効かないという事が頭の中にインプットされてしまった。

⇒その大きなキッカケとなった出来事です。
【兄の末期がん(胃がん)闘病記 12:忘れられない院長先生の言葉】


兄が亡くなってしまった後、もし私自身が がん になった時、
何か良い物は無いかといろいろ探し始めている中で
抗がん剤と免疫療法の『統合医療』を行っている
病院の治療法があると言う事を知る事が出来た。

原島さんも 胃がん の闘病生活中に行っていた事は『統合医療』に属する事だと思う。


私は『統合医療』と言う情報を知っていたためか、
同じ病室で抗がん剤の治療を受けている患者さんを見ていると
本当に抗がん剤で がん が治るのだろうかと気になってしまう事もあった。









次の胃がん末期闘病記へ進む
⇒31:がん と闘う心構え 1


【もう一つの胃がん末期の闘い】闘病記・年表に戻る


末期がん闘病記:肝臓がん末期余命3ヶ月を克服した闘病記 トップページ




◆闘病記へのご意見・ご感想を下さい。メールはこちらです。◆




関連する内容

胃がん 末期 闘病記

その後の原島さん 原島さんの胃がん末期の闘病記、【もう一つの胃がん末期の闘い】も最終章を迎え、 今日は原島さんに伺った胃

胃がん 末期 闘病記 最終章

最終章: 人との出逢い、そして【絆】 私はこれまでも様々な人と出逢って来たが 人と人との繋がりはいつどこでどうなるのか、

胃がん 末期 闘病記 34

34: 衝撃的な出逢いを妻に話す 自宅に戻ると私はお店で紹介された 末期 の 胃がん を克服された原島さんの事を妻に話し

胃がん 末期 闘病記 33

がん と闘う心構え 3 私は原島さんご夫婦と出逢い、いろいろな話しをした後、 お店でご夫婦と別れ、家に戻る事にした。

胃がん 末期 闘病記 32

32: がん と闘う心構え 2 私は 胃がん の 末期 でこの世を去った兄の死を思うと 医療技術の進歩は素晴しいと思うが

胃がん 末期 闘病記 31

31: がん と闘う心構え 1 入院中同室になる患者さんの中には私(笹野)のように何か情報を得て 様々な健康食品を飲んで

胃がん 末期 闘病記 30