実兄の胃がん末期闘病記

実兄は胃がんで1999年(平成11年)7月、亡くなってしまいました。52歳の若さでした。

 

兄は結局最期まで、自分が『がん』であることを知ることはありませんでした。

 

がん患者本人へのガン告知、そして医師への不信、不満など、私の記憶の限り、闘病生活の様子を記して行きたいと思います。

 

1999年(平成11年) 3月 1:私達兄弟の本業
2:体調に異変を感じ検査を受ける
3:胃がん末期でリンパから肝臓に転移、余命3ヶ月の宣告
4:バイオ水を勧める
5:総回診察での出来事
4月 6:医師への不信感から転院を考える
7:兄のかかりつけの先生に相談、転院先の病院を決める
8:転院の準備を進める
9:転院当日、そのまま検査を受ける
10:胃がんからリンパと肝臓へ転移、最悪の検査結果
11:末期がんに野菜スープ?!
5月 12:プロポリスを紹介してもらう
13:足のむくみに驚く
6月 14:余命3ヶ月の宣告から【3ヶ月】が過ぎる
15:『治療の妨げ』と言われ、プロポリスを止めてしまう
16:【御神水】に願いを賭ける
7月 17:付き添いをお願いされる
18:容態が急変、亡くなってしまう
19:【抗がん剤はほとんど効かない】という現実を知る
【完】:兄への想い